妊娠中の歯周病に要注意!

妊娠中の歯周病に要注意妊娠中はホルモンバランスが崩れるため、唾液の分泌量が減ってさまざまなトラブルを引き起こします。お口の中は酸性に傾いて汚れが落ちにくくなり、細菌に感染しやすくなります。妊娠するとむし歯や歯肉炎、歯周病が増えるのはそのためです。

また女性ホルモンの中には、歯周病菌を増やす働きがあるものや、炎症を刺激する性質を持つものがあります。特に妊娠後期になると、こうしたホルモンの分泌が月経時の10~30倍に達するため、歯周病になりやすいとされています。

妊婦さんの歯周病は、胎児にも悪い影響を与えます。お口の中の細菌が血液を介して胎盤に直接作用し、低体重児出産や早産のリスクが高まるというのです。

妊娠していても、口腔ケアをしっかり行えば、むし歯や歯周病を防げます。生まれてくる赤ちゃんのためにも、毎日の歯磨きとメインテナンスの習慣を身につけましょう。

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください