むし歯の進行状況と治療

むし歯は、お口の中に潜んでいるミュータンス菌が作り出す酸によって歯が溶かされた状態です。歯はエナメル質・象牙質・歯髄の3層からなり、むし歯になるとエナメル質から順に溶かされていき、やがて歯髄にまで達します。このときの進行状態を、C1~C4で表します。

C1(エナメル質のむし歯)C1
歯の表面を覆っているエナメル質が溶かされた状態です。うっすらと歯が濁っているだけなので見た目で判断するのが難しく、痛みやしみることもありません。むし歯になった部分を削って、詰め物を入れる治療をします。

C2(象牙質のむし歯)C2
むし歯が広がり、エナメル質から象牙質に達した状態で、鏡で見ると小さな穴が開いているのが確認できます。この段階になると、冷たい物や甘い物を食べたときに痛んだりしみたりすることがあります。感染した部分を削り取って、詰め物を詰める治療をします。

C3(歯髄のむし歯)C3
象牙質からさらに深く広がって、むし歯が神経(歯髄)付近に達した状態です。この段階になると舌で触れると大きな穴が開いているのがわかります。神経に食べ物が触れると、ズキズキと痛んだりしみたりします。治療は歯を大きく削って抜髄(神経を取る処置)をし、その上から被せ物をします。

C4(根の先のむし歯)C4
根の先まで感染が広がった状態です。さらにひどくなると、根の先に膿が溜まって強烈な痛みを感じます。この段階になると抜髄処置を施して被せ物をしますが、治療が困難な場合は抜歯となります。

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください