生活習慣の見直しが必要な理由

メインテナンスむし歯は、むし歯菌が引き起こすお口の中の病気です。しかし、お口の中で細菌が繁殖しやすい環境にならなければむし歯にはなりません。食べ物の糖質・むし歯菌・時間・歯の質・生活習慣の5つの要素が重なる時間が長いほど、むし歯になりやすいと言えます。

甘いお菓子やジュースなどに含まれる砂糖
食べ物に含まれる糖質の中でも、甘いお菓子や清涼飲料水などにたくさん含まれている砂糖が歯に悪い影響を与えます。

歯を溶かすミュータンス菌
むし歯菌は食べ物に含まれている糖質を食べ、酸を吐きながら増殖していきます。この酸が歯を溶かしてむし歯を作ります。むし歯菌をコントロールする有効な方法が、毎日の歯磨きで汚れを落とすことです。それでも歯と歯ぐきの間の汚れや歯石は、歯磨きでは落とせません。歯科医院で歯のクリーニングやPMTCを定期的に受けるとより効果的です。

歯や唾液の質
歯や唾液の質が強いとむし歯になりにくく、逆に弱いとむし歯になりやすい傾向にあります。歯質を強化する有効な手段には、フッ素入りの歯磨き剤やフッ素洗口剤の使用、歯科医院で受けるフッ素塗布などがあります。

好ましくない生活習慣
食生活の乱れや睡眠不足、仕事や対人関係のストレス、急激な環境の変化などがあると、唾液の量が減ったり、お口の中のバランスが崩れたりしてむし歯になりやすくなります。一気に改善しようとするとかえってストレスになりますので、できるとこから取り組むと良いでしょう。

砂糖やむし歯菌の滞在時間
甘い物を食べても、すぐにむし歯にはなりません。お菓子やジュースなどをだらだらと摂り続けたり、あめやガムをお口の中に入れ続けたりすると、むし歯ができやすくなります。時間を決め、むし歯を防ぎましょう。

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください