歯並びはお顔の育成に影響します

お子さんの歯並びや噛みあわせがどのようになっているかを把握されていますか?
年齢と共にきれいになるだろう、歯が生え変わるまで何もしなくても大丈夫だろうと思っていませんか?

歯並びや噛み合わせの良し悪しは、お子さんのお顔の育成に大きく影響します。
それは、歯並びや噛みあわせが、子どもの顎の成長に大きく関わるためです。矯正イメージ.png

歯が生えるのに十分なスペースがないと、歯が重なったり曲がったりしながら生えてくる場合があります。その状態を放置してしまうと、限られたスペースの中で歯が生え揃い、顎の骨は充分に成長しないままとなります。子どもの顎が十分に成長できないということは、顎の変形や顔の輪郭の歪みにつながりやすくなるのです。
見た目の問題は、やがてコンプレックスとなり、お子さんの明るさや笑顔を奪い、心に影響をおよぼすこともあります。

お子さんの歯が生え始めたら、歯並びや?み合わせが引き起こす心身への影響を考え、日頃からお子さんの歯の成長、歯並びの状態を見守っていきましょう。
矯正治療にご興味がある方、お子さんの歯並びが気になっている方、どんなことでもお気軽にご相談ください。

矯正治療開始のタイミング

お子さんの歯が生え始め、なんとなく矯正の必要性を感じても、いつ治療を開始したら良いものか、なかなか判断がつかないことと思います。
迷っているうちに、いつの間にか時間が過ぎてしまうことのないよう、目安を頭のかたすみにいれておき、早めにご相談ください。

開始時期の目安:
子どもの矯正治療において、もっとも効果的で好ましいのは、顎の骨の成長期に合わせて矯正治療を開始することです。まだ骨が柔らかく、矯正によって歯が動きやすい6~7歳ごろが治療の開始には最適な年齢です。
(※個々の条件で最適時期は変わることがありますので、ご相談ください)

矯正装置の種類

ブラケットと呼ばれる矯正装置を歯の表面に取り付け、ワイヤーで固定しながら歯を引っ張る方法が一般的な矯正方法ですが、金属アレルギーにより一般的な装置を装着できない方や、できるだけ人に知られずに治療をしたい方もいらっしゃいます。
そこで、当院では、取り外しのできる床矯正をおすすめしています。

床矯正装置
床矯正(しょうきょうせい)は、自分で簡単に取り外しができる矯正装置です。
床矯正.png
目立ちにくい装置のため、周囲から矯正をしていることを気づかれずに済みます。
床矯正の装置は、口の裏側につけるベースとなるプラスチック部分と、歯を正しい方向に誘導してあげる金属線で構成される入れ歯のような形をしています。
ベース部分にバネやネジを埋め込み、その力で歯が並ぶのに必要な顎のスペースができあがり、歯が正しい方向に並ぶようになるのです。
まだ骨が柔らかい成長期にある子どもの矯正には、大変効果があります。

矯正に関するお問い合わせについて

矯正治療の範囲や治療にかかる時間、費用については、歯の状態によって異なります。
治療の必要性や開始時期なども含め、まずはお気軽にご相談にいらしてください。
一度、診てもらったら絶対に治療を開始しなくてはならないということはありません。
それぞれのご事情や治療に通える時期などをご相談しながら、最善の方法をご提案させていただきます。

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください