保険と自費の違い

保険と自費の違い

●保険診療と自費診療は何が違うの?
●セラミックの人工歯はどうして費用が高いの?
●奥歯の銀歯を白い被せ物にしたいけど、保険でできるの?

治療内容の説明をしているときに多い質問が、こうした保険診療と自費診療の違いです。費用のほかにもさまざまな面で違いがあります。後悔しないためにも、これらの仕組みを知った上で、治療を受けてください。

当院の保険診療と自費診療に対する考え方

保険診療と自費診療に対する考え方保険診療と自費診療は「悪くなった歯を治す」という意味においては、変わりがないと考えています。

もちろん自費診療は、詰め物や被せ物、薬など、良質な物を使用し、高度な技術を必要とする治療も受けられます。より美しくより機能的な治療を求めるのであれば、自費診療を選択したほうが良いでしょう。しかし、だからといって保険診療の質が劣っているわけではありません。一定水準以上の治療は望めませんが、きちんと治療をすれば、患者さんの要望を満たすことができます。

どういう治療を受けたいのかで決める
当院では患者さんを主体に考えていますので、素材の提案をするときも、こちらの考えを押しつけたり、一方的におすすめしたりはしません。審美歯科や入れ歯治療で素材を選ぶとき、より美しくより機能的な治療を求める方には、セラミックの人工歯やノンクラスプデンチャーなどが相応しいでしょうし、一定水準の治療を望んでいる方は、保険診療でも十分満足が得られます。

大切なことは、保険・自費の違いではなく、患者さんがどういう治療を望んでいるかです。まずは、ご自身の治療目的を明確にし、それぞれの違いを理解した上で治療方法や素材の違いでお選びください。

保険制度について

保険制度について日本には、すべての国民が一定水準の治療を受けることができ、治療費用も3割または1割負担となる健康保険制度があります。

保険診療では、薬や詰め物・被せ物などの材質、処置方法などの細かい規定があり、それに基づいて治療を行うので、全国どこでも一定水準の治療が受けられます。この水準以上の治療を望む場合には、保険診療では対応できません。

より美しさを追求する審美歯科治療、審美を目的とする矯正治療、高度な技術を必要とするインプラント治療など、審美性・機能性・快適性などを追求するハイレベルな治療を望む場合は自費診療となり、全額自己負担となります。

保険診療か自費診療かを選ぶ際の注意

一般的に保険診療は治療の質が劣ると思われがちですが、一つひとつの処置を的確に行い、歯の機能を回復することにおいては、考え方は同じです。歯科医師からそれぞれの違いやメリット・デメリットなどの説明を受け、ご要望やご予算などを踏まえた上でご自身で判断し、納得した素材や治療法を選択すると良いでしょう。

<保険診療と自費診療の違い>
保険診療 自費診療
治療費 健康保険が適用されますので、治療費は3割または1割負担で済みます。同じ治療内容であればどこの歯科医院でも治療費は同じです。 健康保険が適用されませんので全額自己負担となります。
治療内容 自費診療のような審美を目的とした治療や高水準の治療は受けられません。 審美歯科、インプラントなどの水準の高い歯科治療を受けられます。
補綴物
(詰め物・被せ物)
使用する薬や材料、処置内容には細かい規定があります。奥歯の被せ物は金属素材を使用するため、金属アレルギーを起こす場合があります。 使用する薬や素材などに規定がなく、審美性・耐久性・適合性に優れています。セラミックやジルコニアなどの審美性・耐久性・適合性に優れた素材が多く、ニーズに合わせて自由に選べます。
型採りの印象剤 寒天系の印象剤を使用します。水分を多く含み、乾燥すると収縮するため、仕上がりの精度が落ちます。 シリコン系やラバー系の印象剤を使用し、精密な型採りができます。型採り後の乾燥が少ないので、適合性が良く、ズレやガタツキのない仕上がりとなります。

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください