痛みの少ない治療

むし歯治療歯を大きく削るときは麻酔注射を使用して痛みを抑えますが、針を刺したり薬を注入したりするときの痛みや違和感を嫌がる方も少なくありません。当院では、麻酔注射の痛みや不快感を抑えるために、さまざまな工夫をしています。

表面麻酔をしっかり効かせる
表面麻酔をしっかり効かせることで、麻酔注射を打つときの痛みを緩和します。表面麻酔とはジェル状の麻酔薬で、麻酔注射を打つときの痛みを緩和させるために使用するものです。針を刺す部分に直接塗布すると、感覚が麻痺してきます。しばらく置くとしっかり効いてきますので、針を刺したときの"チクッ"とした痛みが感じにくくなります。

電動麻酔器で違和感を緩和する
麻酔注射の痛みや違和感は、麻酔液を注入するときに圧力をかけ過ぎることで生じます。当院では、電動麻酔器を使用することでこうした問題を解消しています。電動麻酔器は、注入時の速度や圧力が一定に保たれていますので、薬が入っていくときの痛みや違和感を軽減してくれます。

患者さんの様子を注視しています
麻酔注射をしているとき、患者さんが痛そうな表情をされることがあります。あごの骨に針が直接あたると痛みが強くなりますので、針を少し浮き気味に刺すことで痛みを抑えています。

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください