歯周病は全身に影響を与える病気

歯周病は全身に影響を与える病気日本臨床歯周病学会では、歯周病と全身疾患には密接な関わりがあることを指摘しています。新潟大学のマウスの実験でも、歯周病の病原菌によって全身に炎症を引き起こすことを明らかにしました。

日本人で糖尿病の疑いがある人は、2,210万人と推定されています(平成19年国民健康・栄養調査より)。歯周病菌が体内に入ると、強い毒素で血糖値を下げて糖尿病を誘発します。さらには動脈硬化を起こして心臓病、心筋梗塞、脳梗塞を引き起こし、誤嚥性肺炎、関節炎、メタボリックシンドローム、低体重児早産などのリスクが高まります

こうした病気は、生活習慣を見直し、歯周病を予防することで防ぐことができます。毎日の歯磨きやメインテナンスで歯周病をコントロールし、健康な生活を送りましょう。

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください