矯正装置の種類

ブラケットと呼ばれる矯正装置を歯の表面に取り付け、ワイヤーで固定しながら歯を引っ張る方法が一般的な矯正方法ですが、金属アレルギーにより一般的な装置を装着できない方や、できるだけ人に知られずに治療をしたい方もいらっしゃいます。
そこで、当院では、取り外しのできる床矯正をおすすめしています。

床矯正装置
床矯正(しょうきょうせい)は、自分で簡単に取り外しができる矯正装置です。
床矯正.png
目立ちにくい装置のため、周囲から矯正をしていることを気づかれずに済みます。
床矯正の装置は、口の裏側につけるベースとなるプラスチック部分と、歯を正しい方向に誘導してあげる金属線で構成される入れ歯のような形をしています。
ベース部分にバネやネジを埋め込み、その力で歯が並ぶのに必要な顎のスペースができあがり、歯が正しい方向に並ぶようになるのです。
まだ骨が柔らかい成長期にある子どもの矯正には、大変効果があります。

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください