当院の審美歯科

審美性・耐久性の高い素材を取り揃えています。それぞれにメリット・デメリットがあり、適合する歯や部位などがありますが、基本となる治療そのものはどの素材を使用しても変わりがありません。当院では、各素材の特徴をお伝えしますので、違いをよく知った上で、歯の状態やニーズに合わせ、患者さんご自身でお選びください。

オールセラミックオールセラミック
セラミック素材の人工歯です。自然な白さとツヤがあり、天然の歯と変わりのない美しさで、経年変化による変色もありません。また、人工歯の表面に汚れがつきにくいので、長持ちする優れた素材と言えます。

金属を一切使用していませんので、歯ぐきの変色もなく、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。周囲の歯や噛み合う歯を傷める可能性は低いですが、強い力が加わると欠けたり折れたりすることがあります。

メタルボンドメタルボンド
金属冠の上からセラミックを覆って焼きしめた人工歯(差し歯・被せ物)です。金属を使用しているので強度に優れ、表面からは一切金属が見えないので自然な白さと美しさがあります。オールセラミックに比べるとコストが安く、ほとんどすべての歯に使用できます。審美性の高い素材ですが、オールセラミックに比べると色調が若干劣るため、微妙な色調整が難しいと言えます。

ハイブリッドセラミックハイブリッドセラミック
セラミックとプラスチックをミックスした素材で、両方の特徴を兼ね備えています。自然な白さと柔らかさがあり、噛み合う歯や周囲の歯に与えるダメージがありません。金属を一切使用していませんので、金属アレルギーのある方でも安心です。

オールセラミックに比べると、リーズナブルに白い歯にできます。ただし、純粋なセラミックに比べると色調調整が難しく、経年による変色があります。また強度が低いため、噛み合わせの状態によっては使用に適さない場合もあります。

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください