メインテナンスでインプラントを長持ちさせる

インプラントどんなに優れたドクターが完璧にインプラント治療をしても、患者さんご自身でアフターケアを怠っていると、歯ぐき周辺に腫れや炎症を起こしたり、細菌に感染してインプラント歯周炎を引き起こしたりします。症状がひどくなると、移植したインプラント体のぐらつきや脱落の恐れもありますので、口腔ケアを念入りに行う必要があります。インプラントを長持ちさせるためにも、毎日の歯磨きや定期的なメインテナンスは欠かせません。

せっかくインプラント治療を受けるのですから、お手入れを怠ったために状態を悪化させてほしくないと思っています。患者さんのお口の中の状態をしっかり維持・管理いたしますので、3か月に一度のメインテナンスをおすすめします。

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください