保険診療か自費診療かを選ぶ際の注意

一般的に保険診療は治療の質が劣ると思われがちですが、一つひとつの処置を的確に行い、歯の機能を回復することにおいては、考え方は同じです。歯科医師からそれぞれの違いやメリット・デメリットなどの説明を受け、ご要望やご予算などを踏まえた上でご自身で判断し、納得した素材や治療法を選択すると良いでしょう。

<保険診療と自費診療の違い>
保険診療 自費診療
治療費 健康保険が適用されますので、治療費は3割または1割負担で済みます。同じ治療内容であればどこの歯科医院でも治療費は同じです。 健康保険が適用されませんので全額自己負担となります。
治療内容 自費診療のような審美を目的とした治療や高水準の治療は受けられません。 審美歯科、インプラントなどの水準の高い歯科治療を受けられます。
補綴物
(詰め物・被せ物)
使用する薬や材料、処置内容には細かい規定があります。奥歯の被せ物は金属素材を使用するため、金属アレルギーを起こす場合があります。 使用する薬や素材などに規定がなく、審美性・耐久性・適合性に優れています。セラミックやジルコニアなどの審美性・耐久性・適合性に優れた素材が多く、ニーズに合わせて自由に選べます。
型採りの印象剤 寒天系の印象剤を使用します。水分を多く含み、乾燥すると収縮するため、仕上がりの精度が落ちます。 シリコン系やラバー系の印象剤を使用し、精密な型採りができます。型採り後の乾燥が少ないので、適合性が良く、ズレやガタツキのない仕上がりとなります。

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください