当院の保険診療と自費診療に対する考え方

保険診療と自費診療に対する考え方保険診療と自費診療は「悪くなった歯を治す」という意味においては、変わりがないと考えています。

もちろん自費診療は、詰め物や被せ物、薬など、良質な物を使用し、高度な技術を必要とする治療も受けられます。より美しくより機能的な治療を求めるのであれば、自費診療を選択したほうが良いでしょう。しかし、だからといって保険診療の質が劣っているわけではありません。一定水準以上の治療は望めませんが、きちんと治療をすれば、患者さんの要望を満たすことができます。

どういう治療を受けたいのかで決める
当院では患者さんを主体に考えていますので、素材の提案をするときも、こちらの考えを押しつけたり、一方的におすすめしたりはしません。審美歯科や入れ歯治療で素材を選ぶとき、より美しくより機能的な治療を求める方には、セラミックの人工歯やノンクラスプデンチャーなどが相応しいでしょうし、一定水準の治療を望んでいる方は、保険診療でも十分満足が得られます。

大切なことは、保険・自費の違いではなく、患者さんがどういう治療を望んでいるかです。まずは、ご自身の治療目的を明確にし、それぞれの違いを理解した上で治療方法や素材の違いでお選びください。

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください

お口のトラブルでお悩みならぜひご相談ください